FC2ブログ

中国文学の講義

9月21日、中3バイリンガルコースの国語の授業にて、沼津市の友好都市である中華人民共和国湖南省岳陽市から研修生として来日している張 弛さんに「中国文学」についての講義を行っていただきました。
中国の長きにわたる歴史や岳陽市にゆかりのある作品の紹介、現在のインターネット文学など、多岐にわたるお話を伺いました。
昨年学んだ李白や杜甫の漢詩を中国語で読んでいただいたり、これから学ぶ魯迅の「故郷」にも触れていただいたりと、復習や予習にもなりました。
また、現在の中国では文学作品を発表できるインターネットの文学サイトがあるようで、そこから人気に火が付き売れっ子になることもあるそうです。リアルタイムでの中国の情報を知ることもでき、関心が広がりました。
2学期は「論語」や「故郷」の中国文学を学ぶため、より一層中国文学を身近に感じることができる時間となりました。
IMG_7027.jpg