FC2ブログ

Challenge 40(英語力強化プログラム)

 7月27~31日、英語のコミュニケーション力をレベルアップするプログラムが開かれ、中1~高2の希望者が参加しました。台風の影響でプログラムの変更もありましたが、全40時間、4日間にわたる英語漬けの時間を過ごしました。
 話す、聞くことに特化した授業で、ペアワーク、グループワーク、ゲーム、チームビルディングなどを通して、英語を話すことにチャレンジしました。授業内容は多岐にわたり、自己紹介や自分の過去と未来、性格などを考えることを通して「自分を知る」ことにとことん向き合ったり、オランダと日本の教育システムの違い、地球温暖化、2020東京オリンピック、日本の紹介をテーマにディスカッションしたりしました。
 プログラム中、どんな場面でも常に”My opinion” (自分の意見)と “reason”(理由)を求められました。そして、いかに普段「考えること」をしていないかを突き付けられました。例えば、「好きな食べ物は?」という質問に対して、「すし」と答えたとします。そこからコミュニケーションが始まります。「なぜ好きなのか」「すしの魅力は何か」「すしのおいしさをどう伝えるか」…簡単な内容だとしても、「なぜ?」「どうして?」ということを伝えていくことがその人の考えであり、その考えに対して聞いている方も「共感」したり「疑問」を持ったり、「反論」したりすることがコミュニケーションになっていくのです。
 初めはなかなか英語が出てこなくて話すことをためらっていた生徒たちも、「なぜ?」「どうして?」を繰り返し求められ、英語で表現する難しさに直面していく中で、何とか自分の考えを伝えようと片言の英語でも話そうという意識に変わっていきました。
そして、最終日には各自が設定したテーマでプレゼンテーションを行いました。それぞれ、自分の考えを自分の言葉で堂々と発表することができ、4日間の成果を見せることができました。達成感と充実感でいっぱいの「40時間のチャレンジ」で学んだことを今後の学習で発揮することを期待しています。

IMG_6712.jpg
IMG_6704.jpg
IMG_6708 (2)

IMG_6713.jpg