FC2ブログ

中2 家庭科味噌仕込み実習

<中2味噌仕込み実習>
4月の中学2年生1回目の授業は、味噌仕込みをしました。日本の伝統的な手法によると、なるべく気温の低い時期にしたほうが良いそうです。昔から「寒仕込み」といって、味噌仕込みの時期は1~2月のタイミングがベストなのです。
その時期とは少し遅くなりますが、4月はギリギリで味噌仕込みが出来ます。毎年作っていますが美味しいんですよ。
実習内容はとても簡単です。茹でた大豆をつぶし、麹(蒸した米に麹菌を繁殖させたもの)に塩を混ぜたものにつぶした大豆を混ぜていき、団子に丸め、消毒した大きな容器に投げ入れ、平らにして重石をしてさらしをかぶせて約6か月放置します。
どのクラスもニコニコ顔で楽しく仕込むことが出来ました。
ここで皆さん、味噌の出来上がるまでは、樽の中で「仕込み」→「発酵」→「熟成」をただ温かく見守ってあげれば良いのです。約半年間です。発酵では仕込みで入れた麹菌が自分の役割を果たすと乳酸菌がその次に働き、最後に酵母菌が美味しさを引き立てる仕事をしたら味噌が出来上がります。この樽の中でドラマティックな3種のバトンリレーが私たちの知らない所で行われているんです。
11月になったら和食の献立の調理実習が行われます。中2の皆さん、美味しいお味噌をお楽しみに!

3.jpg

2.jpg

1.jpg

4.jpg