中3:春の遠足@薩埵峠

4月23日、薄曇りの中、薩埵峠へ遠足に行ってきました。中3となった今、これから待ち受ける人生の峠を自分の足でしっかりと乗り越えてほしいと願って歩みを進めました。

興津川近くから歩き始め、トレーニングに最適な坂道や山道をてくてく進んでいくと、駿河湾が一望できます。そして、しばらく山の中を歩いていくと歌川広重が「東海道五十三次」で描いた「薩埵峠」の風景が広がります。

IMG_6339.jpg
晴れていれば、正面に富士山が…

DSC02762.jpg
峠の景色を堪能した後、ミカン畑、ビワ畑の中を通り抜けていき、駐車場でランチタイム!

DSC02744.jpg
更に急な坂道を登って、高台でお昼を食べた生徒たち。

食後は、宿場町を抜けて由比方面に向かい歩き続けました。

DSC02787.jpg
DSC02790.jpg
急勾配の階段を発見!ワクワクしながら上ったけれど、下りはドキドキ、ヒヤヒヤ。というのも、石段の踏面が靴のサイズの半分くらいしかないのです…。ちょっとした恐怖体験もできました。

★生徒の感想
あいにく曇りだったので富士山までは見えませんでした。けれど、駿河湾や様々な自然が見え、楽しめました。富士山が見えなかったのであまり歌川広重の世界観を味わうことができなかったものの、学年全体での交流ができ楽しかったです。薩埵峠は急な坂が多く、登るのに少し苦労しました。けれど、緩やかな部分もあり、人生に例えるとまさに人生山あり谷ありだと思いました。周りには木々が生い茂っていてすごく自然と触れ合え楽しい遠足でした。

★生徒の感想
最初、山登りなんてだるいなと思っていました。ですが山の上のほうまで行って下を見るととてもきれいな景色が広がっていました。昔の人が「田子の浦にうち出でてみれば白妙の富士の高嶺に雪は降りつつ」という歌を詠んだ理由がわかりました。富士山はあまり見えませんでしたが、富士山なしでもとてもきれいでした。あと面白かったのは、めっちゃ階段が急な神社に上ったことです。めちゃくちゃ急で大変でしたが、神社はすごくて「ちはやふる」の世界観でした。カルタがしたくなりました。
IMG_6342.jpg