高校サッカー部から難関校合格‼

高校サッカー部から難関大学合格者が複数出ました。
日々の厳しい練習と学業の両立を精いっぱい頑張ってきた成果だと思います。
今年の3年生は、隙間時間を学業に当て、部活でのバスの移動中も勉強していた学年です。
遠征先でも勉強し、サッカーと勉強の切り替えをしっかりとできていた生徒の集まりでした。

松下 寛典 MF (暁秀中出身) 東京大学 理科一類 合格
中学・高校とMFとして活躍。高3の新人戦後からマネージャーに転向。
インターハイが終わるまで、献身的にチームを支えた。

小池 遼 DF (長泉北中出身)  京都大学 農学部地域環境工学科 合格
SBとして活躍。常に全力プレーが持ち味。Aチームで途中出場が多かった。

川村卓也 FW (暁秀中出身)   秋田大学 医学部 合格
インターハイまでレギュラーのFWとして活躍。長身を活かしたヘディングと献身的な
プレーが特徴でした。

小渕瑛周 MF (富士岡中出身)  東北大学 工学部 合格
選手権まで中盤の大黒柱として活躍。不動のレギュラーでした。

その他にも選手権までサッカーを続けて国公立大学に合格した生徒が3名います。

矢倉大輝(岩松中出身)   山形大学 工学部 合格
選手権まで続け、エースストライカーとして活躍。暁秀の10番を背負った。

中村充喜(熱海中出身)   茨城大学 理学部 合格
選手権まで続け、FW・MFのレギュラーとして活躍。

佐々木優人(大仁中出身) 高知大学 教育学部 合格
選手権まで続け、不動のSBとして活躍。

3年生15名中7名が国公立大学に合格し、他のメンバーも希望大学に合格しています。

最後に3月13日のスポーツ報知に掲載された記事をご覧ください。


松下 小池