FC2ブログ

科学部生物班 第34回山﨑賞受賞、静岡新聞掲載

 2月18日(日)の午後、静岡県職員会館(もくせい会館)にて、第34回山﨑賞授賞式が行われ、科学部生物班のDNA抽出実験に関する研究が表彰されました。
 山﨑賞は、公益財団法人山﨑自然科学教育振興会より理科研究に熱心に取り組んだ県内の中高生に贈られる賞です。生物班のDNA研究チームのメンバーの井上果玲さん、遠藤晴さん、小島海さん、小島永慈さん、鈴木かのんさん、立松みどりさん(以上中学2年生)と渡邉咲来さん、杉山琳太郎さん、別府天馬さん(以上中学1年生)の9名が「DNA抽出実験~5つの食材の不思議に迫る~」というテーマで研究した内容を論文にまとめ、受賞することができました。

授賞式

写真は表彰式に出席した代表の渡邉咲来さんです。賞状と賞金をいただきました。ありがとうございました。
渡邉さんは以下のような感想を持ちました。
「授賞式では、他校の研究発表を聞くことができ、静岡県内にこのような発想の仕方ができる人がいるなんてすごいと思い、とても刺激を受けました。他の人の研究を聞くのは勉強になります。DNAの研究をするのは面白かったけれど、初めての論文作成はとても難しかったです。今後は研究の中で生まれた新たな疑問をさらに明らかにしていきたいです」

以上の内容は、2月21日(水)の静岡新聞に掲載されました。紙面はこちらです。
新聞記事