FC2ブログ

科学部生物班 鈴木梅太郎賞受賞、静岡新聞掲載

12月2日(土)の午後、静岡県職員会館(もくせい会館)にて第64回鈴木梅太郎賞授賞式が行われ、科学部生物班の部員4名が出席しました。
鈴木梅太郎賞は、一般社団法人鈴木梅太郎博士顕彰会より理科研究に熱心に取り組んだ県内の中高生に贈られる賞です。生物班のウミホタル研究チームのメンバーの加藤琴巳さん、堤香琳さん、宮﨑葵衣さん(高校1年生)、加藤伶音くん、藤吉美宇さん、關いおんさん(中学2年生)が「不思議生物ウミホタル~発光の謎に挑む~」というテーマで研究した内容を論文にまとめ、受賞することができました。
次の写真は授賞式の様子です。
IMG_5091.jpg

DSC02986.jpg

大きなメダルや賞状、賞金をいただきました。ありがとうございました。
授賞式では、研究内容を15分間プレゼンテーションしました。何度も事前練習したことで、多くの聴衆の前でもわかりやすく発表することができました。

DSC02975.jpg

本研究を行った6名の写真です。よくがんばりました。おめでとうございます。
4_20171215134724884.jpg

以下は受賞者であり、部長と副部長である2名の感想です。
(部長 堤香琳)
授賞式では、他校の研究も聞くことができ、とても面白かったです。自らの研究では、実験動物(ウミホタル)の扱い方について、友人らと考え方の違いが起こることもありましたが、生命の大切さについて改めて考えるよい機会となりました。
(副部長 加藤琴巳)
 授賞式で行ったプレゼンテーションは、私にとって初めての経験でとても緊張しましたが、中学1年生の時から研究しているウミホタルを多くの人に知ってもらえたことがうれしいです。これからも愛情を注いでウミホタルを育てていきます。
以上の内容は、12月3日(日)の静岡新聞に掲載していただきました。紙面はこちらです。

IMG_1833.jpg