FC2ブログ

中学サッカー部 日能研カップ

12月25日(火)~27日(木)にかけて、日能研カップに参加しました。
参加チームは関東圏の中高一貫私立学校のサッカー部が大多数ですが、
静岡の中高一貫私立である暁秀中学校も以前から参加させていただいています。

富士山のふもとにある、時の栖スポーツセンター兎島グラウンドで行われました。
天候にも恵まれた上に、人工芝という素晴らしい環境でサッカーができることに感謝です。
日能研カップ①

来年1月からは、1年生県大会・沼津市健全育成杯・高円宮杯県リーグ・中学生選手権大会
と大会が目白押しだからこそ、この冬休みはチーム強化のために大切です。
日能研カップ②
日能研カップ③
日能研カップ④
普段は対戦することのない関東圏のチームを相手に、自分たちのサッカーが通用するかどうかを確認しました。
今できる事を一生懸命やることがレベルアップの道です。寒さに負けず、頑張っていきましょう!

対戦していただいた、成立学園中学校・栄光学園中学校・東邦大学付属東邦中学校サッカー部のみなさん、ありがとうございました。
そして、大会運営や審判員の方々、寒い中応援に来てくださった保護者の皆さま、ありがとうございました。

2018年もそろそろ終わりを迎えようとしています。
周囲の人々の支えあってのサッカー部ということを忘れず、感謝の気持ちを持って精一杯プレーしていきましょう!
スポンサーサイト



中学サッカー部 1年生東部大会②

12月23日(日)に、1年生大会東部地区大会の準決勝・決勝が行われました。
先週の16日(日)の1・2回戦に勝利したため、県大会出場は決定済み。
(1・2回戦のレポートはこちら→http://gyoshu.blog.fc2.com/blog-entry-377.html)
この日は順位決定、そして東部地区優勝を目指しての戦いです。
今沢中学校のユニフォームで統一しているので、緑色です。

準決勝は御殿場中学校との対戦でした。
1年生大会VS御殿場①

前半から少し押され気味の展開でした。
ところどころでチャンスを作るものの、決めきれません。
決定的なチャンスを逃した後のピンチで失点すると、
後半10分の時点で 0-3 とリードを広げられてしまいました。
1年生大会VS御殿場②
1年生大会VS御殿場③

しかし後半の終了間際、2本立て続けにゴールを決め「あと1点」まで迫りますが、無念のタイムアップ。
2-3で負けてしまいました。
1年生大会VS御殿場④

東部優勝とはなりませんでしたが、ベスト4まで進めたのはチーム・選手として大きな成果です。
自分の何が通用して、何が通用しなかったのかを振り返り、日々のトレーニングに活かしていってください!
1年生大会東部表彰

1年生県大会は1月12日(土)から始まります!
今後も応援よろしくお願いします!!

防災講座を開催しました

12/14(金) 午前中の3時間を使い、中1~高2が参加して生徒会主催の「防災講座」が行われました。
講座は
第1部:防災啓発映画「いつか君の花明かりには」の上映
     映画監督 小川光一さんによる講演
第2部:地区会に分かれてのワークショップ
という形式で行われました。

第1部では、東日本大震災・熊本地震・広島豪雨災害などに被災された方々が登場するドキュメンタリー映画「いつか君の花明かりには」を鑑賞しました。震災後の取り組みや徳島の中学生による防災活動などを知ることで、私たちの防災に対する認識の不足を実感した生徒が多かったようです。
映画

監督の講演では「地震発生率が異常に高い日本に住んでいても、私たちはどこか他人事のように感じてしまう。」「花明かりが届くのは半径50cm。でもそこから大切な人を守るためにできることをしてほしい。」という大きなメッセージをいただきました。
講演

監督


第2部では、地区ごとに分かれて「1月の木曜日、午後四時に震度7の地震発生」という想定で、72時間シミュレーションを行いました。
各地区会のリーダーがファシリテーターを務め、「帰宅するのか学校にとどまるのか」「帰宅する場合、どのようなルートが考えられるか」「学校にとどまった場合、生徒がすべきことは?」「家族との連絡や集合場所は?」など具体的な話し合いをしました。
ワークショップ1

ワークショップ2

多くの生徒たちにとって、「他人事」から自分事」へと防災に対する意識は大きく変化した講座になったのではないでしょうか。

また、急遽放課後に第3部が設定され、美術部映像班と生徒会防災研究会のメンバーが集まり、小川監督と個別にお話を聞く機会を持ちました。
第3部


<生徒会長の柏木結大君からのメッセージ>
皆さんこんにちは。生徒会長の2A柏木結大です。本年度生徒会本部は防災に力を入れるというのを生徒会が行ういくつかの改革の内1つの柱として掲げています。南海トラフ巨大地震が来る来ると言われ続けている静岡県に学校があるのに、何もせず呑気にしていて良いのでしょうか?答えは明確であります。命を守るために対策が必要なのです。そんな中、今回は防災啓発ドキュメンタリー映画 「いつか君の花明かりには」 という映画を鑑賞し、その映画の監督さんにご講演をしていただき、その後実際に地震が発生したという想定でその後について考える、ワークショップを行いました。

今回の防災講座の目的は、゛意識改革 ゛というところにあります。「防災」と言っても、結局は各々の意識が高まらないと変わらないのです。その意識を少しでも高めていくために、講演だけでなく、ワークショップも行ったわけです。

映画の内容については、実際に被災された方々の活動などについてのドキュメンタリーになっていました。私はこの映画から学んだことは防災がなぜ必要かということです。もちろん、命を守るためのですが、その命とは何も自分だけではなく、大切な人の命もということです。人間は1人だけで生きていくことはできません。今までも様々な方に支えられてきたのだと思います。そんな大切な方々と、もし一緒にいる時に地震が起き、その人が目の前で挟まって苦しんでいるとします。その時日頃から訓練している人だったら、助け出せることはできるかもしれません。しかし、そうでない人はどうでしょう?助け出すことは出来ないのではないですか?その時人は思うのです。もっと前から備えて訓練しておけばよかったと。そういう先人たちの思いが今の防災意識につながっているのではないでしょうか。映画に出てこられた方々は、やはり同じことを仰っていました。ああしておけば良かった...こうしておけば...。だから前々から備えておくことは大切なのだと思います。

今回の防災講座は自分にとっても学校全体にとっても゛意識 ゛を高めるために良い機会になったと思います。また、先日発足した防災研究会の活動の参考にもなりました。今後活かしていきます。

最後になりましたが、今回の防災講座開講にあたって監督さんはじめ、様々なご協力をしてくださった方々に感謝申し上げます。ありがとうございました。
生徒会長

中3:市内トイレ清掃

12月22日、冷たい雨が降りしきる中、中3の総合学習(CS)の「地域に貢献する」活動として、市内の清掃活動を計画した中3の有志チーム(GGCC:Gyoshu Girls Cleaning Club)の4名が沼津市の中央公園と千本浜公園のトイレ清掃を行いました。当初の計画ではゴミ拾いも実施予定でしたがあいにくの天気のため、トイレ清掃を丹念に行いました。
寒さと汚れで気分がめいりそうになりながらも、利用者が少しでも気持ちよく使えたらという思いでせっせと清掃に励みました。その甲斐あって、だいぶすっきりときれいになりました。
IMG_7490.jpg
IMG_7498.jpg
IMG_7500.jpg

平成30年度「心の輪を広げる体験作文」

中学3年の長田大和くんが、平成30年度「心の輪を広げる体験作文」で優秀賞(内閣府特命担当大臣賞)に入賞しました。
yamato.jpg

「障がい者と共に働くこと」

僕は障がい者の友人がたくさんいる。小学生の時からボランティアとして毎年彼らとボウリングをしたり掃除の仕事(実習)をしていた。
 僕の母の会社はいわゆる「掃除会社」で、そこで障がい者とともに働いたり、障がい者も一般社会で働けるような支援をしている。小学校五年生の時に初めて母から「夏休みだし、障がい者と一緒に掃除のボランティアをしてみないか」 と誘われたのがきっかけで一緒に働くことになった。僕にとって障がい者はそれまで遠い存在で、精神障がい、知的障がい、身体障がいがあることも知らなかったし、生まれて初めて精神障がい者と知的障がい者と話をした。彼らはいたって普通で、見た目には障がいがあることはわからない。コミュニケーションも取ることができるし、掃除はプロと変わらないくらいの技術がある。掃除を「面倒だな」と思っている僕が恥ずかしくなるくらい一生懸命にやらざるを得ない。
帰ってから母に「どうだった?」と聞かれた。普通だったよと答えてから僕は「障がいって何なんだろう」と疑問と疑問を持った。母は「特性よ」と言っていたけれどその意味はわからなかった。
 母の祖父 (僕にとって曽祖父)は「皆でお互いに助け合いながら幸せに生きて行こう」と障がい者とともに仕事をしてきたそうだ。だから障がい者は弱者と括らず、お互いに助け合うという気持ちが大切だと説明してくれた。そこでなるほどと思ったのは一緒に掃除をしていると僕まで一生懸命になったことだ。掃除の技術を教えてくれる指導者の話を熱心に聞き、確かにそれを忠実に守って実行している姿は心を動かす。彼らから学んだことだ。
 日本の企業は障がい者を雇用しなくてはならないという義務があるそうだ。もちろん障がい者の人たちが多く働くことが出来る世の中になったら良いと思うが、本当に必要なのはその人に合った仕事で働くことだと思う。一緒に仕事をしてきてその人に向き不向きがあることに気づいた。例えば細かな作業が得意な人。数を数えるのが苦手な人。雇用を義務にしてしまうと、ただ雇用すればいいという考え方になってしまい、その仕事が合っていなければ働いていても苦痛になってしまい結局その障がい者の幸せにつながらない。
 僕が一緒に働いていた友達は、一般企業に就職したけれど仕事が合わずに辞めてしまったそうだ。理由は、数が数えられずに怒られることが続いたからだ。また一方で別の友達は母の会社へ就職した。もう五年経ち先日会った時も笑顔で積極的だった。楽しいと言っていたし仲間とも協力し合って仕事をしていた。今では一人暮らしをしていると言っていた。
 曽祖父の言葉「皆で助け合う」はとてもわかりやすい小学校の道徳に出てくる言葉だが、実行するのは難しいことだ。それは、人は認め合うことがなかなかできないからだ。僕自身も人を認めたり許すことがきっと出来ていないと思う。この「認め合う」ことがもしかすると母が言っていた「特性」なのかもしれない。
 僕に今できること。それは自分自身を変えることかもしれない。人として大切にしなければならないことを備えた、そんな大人にならなければならない。

中学カルタ会

12月20日(木)に、中学カルタ会が行われました。
本校では、中学1~3年生が国語の授業の一環として
小倉百人一首の学習を行っており、中学校全体で交流試合を開催しました。

カルタ会①
カルタ会⑤
カルタ会③
カルタ会④

次の札に狙いを定め、静まりかえった体育館に流れる張り詰めた空気。
生徒たちは、上の句の1文字をも聞き逃すまいと集中力を高めていました。
たくさんの白熱した試合が繰り広げられました。

このカルタ会開催のために、実行委員会のメンバーは朝早くから準備をしてくれました。
カルタ会準備①
カルタ会準備②
カルタ会準備④

中学校全生徒が参加する行事ということもあり、大忙しでしたが
テキパキとした仕事ぶりで、スムーズに進行することができました。
本当にお疲れさまでした。そしてありがとうございました。

閉会式で実行委員長の中原さんは、
「学年や性別、体格など関係なく、誰でも楽しめることがカルタの魅力」
とスピーチしてくれました。
まさにそれを実現することができたカルタ会になりました。
また、百人一首という日本の古典文学の素晴らしさに触れる1日になりました。

中3 租税講座

12月19日(水)に、租税講座が開催されました。
講師として沼津税務署より、和泉さんをお招きしてお話をしていただきました。

租税講座


生徒たちにとって"税"と言えば「消費税」が思い浮かびます。
しかし、その他の税のことについては意識せずに過ごしていたり、
関心や疑問も持たずに、あるがままに受け入れているのが現状だと思います。
何のために"税"はあるのか、何のために使われているのか、
何気なく日常生活を過ごしているだけでは分からないことを教わりました。

アクティビティを交えて税の仕組みや考え方を学び、
来年の10月にせまる消費増税という時事的な話題を通じて、
税の在り方についても教えていただきました。

日常の何気ない風景が、またちがった見え方になることでしょう。
今後も"社会"を構成する一員として学びを深めていってくださいね。

中2 ユニセフ募金

中学2年生は10月に、修学旅行でシンガポール/マレーシアを訪れました。
そのときに使い切れなかったり両替できずに残ったコインを
「ユニセフ(国際連合児童基金)に募金しよう!」と有志が声をあげました。

中学2年生は、「世界一大きな授業」や「WFPエッセイコンテスト」など「SDGs」に関する取り組みを通じて、
世界中の子どもたちの命と健康、権利を守ることについて学び、支援の大切さを感じたようです。

今回は、「100.45シンガポールドル」が集まりました。

みなさんご協力ありがとうございました。

中学音楽発表会

12月18日(火)に、音楽発表会がひらかれました。
暁秀中学校の全校生徒が体育館に集い、音楽に浸る1日です。

中学1年生合唱
音楽発表会①

中学2年生合唱
音楽発表会⑮

中学3年生合唱
音楽発表会⑬

どの学年も息がピッタリ合ったすばらしい合唱でした。
しかし、暁秀中学校の音楽発表会はこれだけではありません。

ピアノの演奏
音楽発表会⑪
音楽発表会⑩

ヴァイオリンの演奏
音楽発表会⑧
音楽発表会④

吹奏楽の演奏
音楽発表会⑥

オルガンの演奏
音楽発表会⑤

琴の演奏
音楽発表会②

エレクトーンの演奏
音楽発表会⑫
音楽発表会⑯


これらの多種多様な楽器を用いた様々な演奏を楽しみました。
普段の学校生活だけでは見られない姿や表情が印象的でした。

賛助出演として、霍 暁君(フォ・シャオジュン)先生と張 瀚(ジャン・ハン)先生にお越しいただき、
中国の伝統的な楽器である、二胡(にこ)と中阮(ちゅうげん)の演奏に耳を傾けました。
音楽発表会⑭
生徒たちは、初めて見る独特な形状と聞いたことのない哀愁のある音色に引きこまれ、その世界観を楽しみました。

また、会場となった体育館には、写生大会の作品が飾られました。
絵
まさに芸術に浸る1日となりました。

寒い中でしたが多くの保護者の方々にも観覧していただきました。本当にありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

中2 お米講座(12/15)

<お米講座12/15㈯>
昨年度よりスタートした中学2年生対象のお米講座が今年度も開かれました。沼津市内でお米の販売をされている「5つ星お米マイスター(全国で400人)」の長谷川明生さんをお招きし、おいしいお米の炊き方を教えていただきました。長谷川さんは、「5つ星お米マイスター」として、全国でおいしいお米をコンテストや講演等で伝える活動をされています。
今回の試食は今年度のコンテストで日本一になった岐阜県の「いのちの壱」という品種です。精白米と3分づきの米の2種類を食べ比べました。米のおいしさ判断表(官能検査)に外観、香り、甘み、粘り、硬さ、総合、の項目で美味しさの判断を5段階で味を評価しました。炊き立てのご飯は、やさしい香りに包まれ、つややかで、弾力性もありました。粒食の良さは、よく噛んで唾液を絡ませて甘みを引き出すことです。粉食(パン等)とは違う日本の主食の米の素晴らしさに改めて感動しました。

★美味しいお米の炊き方:研ぎ方
① ボウルの中で米をたっぷりの水で2回すすぐ
② 次にまたたっぷりの水を入れ、ソフトボールをつかむような手でシャカシャカという音を立てながら約30回米を研ぐ。
③ 2、3回すすぐ。1回目は素早く水を流すことが大切

★0℃~1℃の間で120分浸漬し、炊飯すると美味しいとの長谷川さんからのアドバイスでした。

皆さんも自分の好きなお米の種類を選び、今日からおいしく炊いてみましょう!

1.jpg

左が白米、右が3分づき米

5.jpg

6.jpg

中学サッカー部 1年生大会東部①

12月16日(日)に1年生大会の東部地区予選が行われました。
沼津地区2位として、今沢中学校と合同チームでの出場です。
(沼津地区大会の結果はこちら→http://gyoshu.blog.fc2.com/blog-entry-355.html)
ユニフォームは今沢中学校からお借りしているので、緑色です。

1回戦は富士宮第一中学校と対戦しました。
1年生大会東部①
1年生大会東部④

勝てば県大会が決まる試合ということもあり、一進一退の攻防が繰り広げられました。
後半に粘り強さを見せて3-1で勝利!県大会出場を決めました。


準々決勝は富士川第一中学校と対戦しました。
1年生大会東部⑤
1年生大会東部⑥

先制される苦しい展開でしたが、前半のうちに追いつきます。
後半は自分たちのペースで試合を進め、3-1で勝利!
見事に東部大会ベスト4に進出しました。

12月23日(日)に竹原グラウンドで準決勝と決勝戦が行われます。
今後のためにも、試金石となる今大会でなるべく多くの経験を積みたいものです。
また、1月には県大会を控えています。
しかし、「千里の道も一歩から」というように、どれだけ勝ち進むことができるかは、日々の練習にかかっています。
1日1日を大切に、寒さに負けず、ひたむきにボールを追いかけていきましょう!
その先にチームとしての成長があるはずです。

今後も応援よろしくお願いします!!

12/8(土)「入学試験直前相談会」のご案内

入学試験直前相談会を開催します。

日時:12月8日(土) 9:30~12:00(受付)
会場:加藤学園暁秀中学校・高等学校
駐車場:あり

*学校見学も可能です。
*予約不要です。 当日時間内にお越しください。

中3:朗読大会

12月3日、道徳の授業の一環で朗読大会が開かれました。クラスの枠を超えてグループ編成し、中学校生活最後の大会に向けて練習しました。今回は心に響く「詩」の朗読に挑戦しましたが、3回目ということもあって生徒たちは役割を決めたり、読み方の工夫をしたりと主体的に話し合いを進めていました。

●朗読した詩
〔デジタルフォトフレーム〕中原中也「サーカス」
〔フリーザ―〕谷川俊太郎「生きる」
〔布団乾燥機〕吉野弘「ほぐす」
〔Mac Book Pro〕中川李枝子「くじらぐも」
〔ブラーバ〕宮澤賢治「雨ニモマケズ」
〔ダイソン〕サトウハチロー「ことばはやさしく美しくひびきよく…」

声の響き方を演出するために立ち位置を工夫したり、声の重なりや動作で詩の世界観を表現したりと、それぞれのグループが詩に合った朗読をしていました。練習時間も限られていましたが、ステージ上で堂々と立派に朗読する姿は3年間の成長が感じられました。

●生徒の感想
「3年間で一番良かったと思います。みんな工夫がすごくていつかそのアイディアをどこかで使いたいと思いました。」
「それぞれのグループが自分たちの詩をきちんと理解し、パート分けなどをしているのがすごいなと思いました。また、面白いとも思いました。詩や物語が動いて語りかけてくるみたいに感じられて、ただの文であるものが生きているように私の心の中にすんなりと入ってきて楽しかったです。」

IMG_7410.jpg

IMG_7411.jpg

IMG_7418.jpg

IMG_7415.jpg

IMG_7417.jpg