FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボランティア(Neo商店街@沼津新仲店)

3/10(土)に沼津の新仲店商店街で行われたイベントに、高校1年生がボランティアとして参加しました。
商店街の広場化実験として、歩行者天国の路上に人工芝が敷かれそこで様々なワークショップがおこなわれました。
IMG_3602.jpg

暁秀生は、SONYの体感型のトイ・プラットフォーム「toio™(トイオ)」の体験ワークショップで、子ども達に遊び方を教えたり、工作の手伝いをしたりしていました。
IMG_3595.jpg
スポンサーサイト

加藤学園暁秀中学高等学校 第5回スプリングコンサート

第5回目になる中学高校合唱部スプリングコンサートのご案内です。
2018年3月26日(月)18時開場 18時30分開演
沼津市文化センター小ホールにて入場無料で行われます。
PROGRAM ♪
第1部 ~希望に向かって~
365日の紙飛行機、プレゼント、栄光の架橋、他
第2部 ~Mix Stage~
CMソングメドレー、ずいずいずっころばし、他
第3部  ~夢の世界~
ディズニー劇中歌、他

ぜひ、合唱部コンサートにお越しください。

合唱部コンサート2018新

新進アーティスト作品展 vol.16 Art Generation 2018

新進アーティスト作品展 vol.16に暁秀高校 美術部10名が出品し、富士ロゼシアター展示室にて作品展示されました。
2-Zの窪田百合香アマリアさんが作品「ビック フィッシュ」で高校生部門AG賞を受賞しました。そして暁秀高校卒業生の窪田エミさんが映像作品「のどかなラビット」で一般部門審査員特別賞を受賞しました。
このコンクールには暁秀高校美術部が毎年、必ず参加している展覧会です。その中で暁秀高校卒業生も毎年一般部門で出品参加し、制作を続けていることをとてもうれしく思います。
窪田百合香アマリア
窪田百合香アマリア 作品

窪田 華代ナタリア
窪田 華代ナタリア 作品

佐野 美玲
佐野 美玲 作品

西村作品
西村瑠璃 作品

水口作品
水口真心子 作品

かなた作品
植松彼方 作品

小林 加奈
小林 加奈 作品

窪田エミ 作品
窪田エミ 作品

窪田エミ 作品1
窪田エミ 作品 映像ピックアップ




高校サッカー部から難関校合格‼

高校サッカー部から難関大学合格者が複数出ました。
日々の厳しい練習と学業の両立を精いっぱい頑張ってきた成果だと思います。
今年の3年生は、隙間時間を学業に当て、部活でのバスの移動中も勉強していた学年です。
遠征先でも勉強し、サッカーと勉強の切り替えをしっかりとできていた生徒の集まりでした。

松下 寛典 MF (暁秀中出身) 東京大学 理科一類 合格
中学・高校とMFとして活躍。高3の新人戦後からマネージャーに転向。
インターハイが終わるまで、献身的にチームを支えた。

小池 遼 DF (長泉北中出身)  京都大学 農学部地域環境工学科 合格
SBとして活躍。常に全力プレーが持ち味。Aチームで途中出場が多かった。

川村卓也 FW (暁秀中出身)   秋田大学 医学部 合格
インターハイまでレギュラーのFWとして活躍。長身を活かしたヘディングと献身的な
プレーが特徴でした。

小渕瑛周 MF (富士岡中出身)  東北大学 工学部 合格
選手権まで中盤の大黒柱として活躍。不動のレギュラーでした。

その他にも選手権までサッカーを続けて国公立大学に合格した生徒が3名います。

矢倉大輝(岩松中出身)   山形大学 工学部 合格
選手権まで続け、エースストライカーとして活躍。暁秀の10番を背負った。

中村充喜(熱海中出身)   茨城大学 理学部 合格
選手権まで続け、FW・MFのレギュラーとして活躍。

佐々木優人(大仁中出身) 高知大学 教育学部 合格
選手権まで続け、不動のSBとして活躍。

3年生15名中7名が国公立大学に合格し、他のメンバーも希望大学に合格しています。

最後に3月13日のスポーツ報知に掲載された記事をご覧ください。


松下 小池

 

2018年3月13日 大学入試速報

2018年3月10日 現在の大学入試合格状況

2018大学合格者①
2018大学合格者②


中2:「旅ノート」共有会

中学2年生では修学旅行の学びの一環で、「旅ノート」と称して一冊のノートに夏休みから訪問地について事前調べをし、まとめてきました。修学旅行も無事に終わり、様々な学びと思い出を詰め込んだ「旅ノート」が完成したので、学年でクラスをシャッフルして共有会を開きました。

地域性や風土、歴史、食文化、自然災害など生徒それぞれが自分の興味ある分野を探究し、写真やイラストなども交えて見やすく楽しめる「旅ノート」となりました。そのため、共有会ではノートを交換するたびに新しい発見につながったようで、ページをめくるたびに感嘆の声が上がっていました。
IMG_1462.jpg IMG_1460.jpg

IMG_1461.jpg IMG_1459.jpg

「旅ノート」最後のページにはメンバーからの感動のコメントが添えられ、皆で作り上げた一冊へと変身しました。素敵な思い出とともに大切な一冊となることでしょう。
IMG_1464.jpg IMG_1468.jpg

IMG_1466.jpg IMG_1467.jpg


IMG_1465.jpg IMG_1463.jpg

中2:IDU(学際的な単元)国語と社会のコラボ授業

2学期から3学期にかけて、中2は学際的な単元として「世界の諸問題を日本文化で立ち向かう!」をテーマに国語と社会でコラボした授業を展開しました。
2学期に国語の授業でSDGsを扱い、地球規模の問題について学んだり、考えたりしました。また、歴史では既に江戸時代までの日本文化を学んでいたということで、日本文化で世界の現状を打破できないかと模索し、ポスター作りを行いました。
IMG_1429.jpg
IMG_6018.jpg
IMG_1430.jpg
今回の活動を通して、世界の現状に目を向けたり、日本を客観的に見つめなおしたりする機会となりました。また、世界の諸問題について、実現可能な解決につながらなくても、色々とアイディアを出す楽しさや異なるものを掛け合わせた化学反応を体感しました。そして、学んだ知識(歴史)と持っているスキル(書写)を活用し、新しい発想につなげる力にもなったのではと、成果を期待しています。

※SDGsとは…
2015年9月、ニューヨーク国連本部において「国連持続可能な開発サミット」が開催され、「誰一人取り残さない−No one will be left behind」を理念として、国際社会が2030年までに貧困を撲滅し、持続可能な社会を実現するための重要な指針として、17の目標が持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)が設定されました。
【17の目標】
目標1:貧困をなくそう
目標2:飢餓をゼロに
目標3:すべての人に保健と福祉を
目標4:質の高い教育をみんなに
目標5:ジェンダー平等を実現しよう
目標6:安全な水とトイレを世界中に
目標7:エネルギーをみんなに、そしてクリーンに
目標8:働きがいも経済成長も
目標9:産業と技術革新の基盤をつくろう
目標10:人や国の不平等をなくそう
目標11:住み続けられるまちづくりを
目標12:つくる責任つかう責任
目標13:気候変動に具体的な対策を
目標14:海の豊かさを守ろう
目標15:陸の豊かさも守ろう
目標16:平和と公正をすべての人に
目標17:パートナーシップで目標を達成しよう


中学球技大会

2月27日(火)中学球技大会が行われました。男子はフットサル、女子はバレーボール競技です。
男子は、3連覇を目指した3年4組が健闘し、中学1年からの3連覇を実現しました。
男子優勝は3年4組A、2位は3年4組C、3位は3年3組でした。

女子は、チーム力の団結が強い3年3組が力を見せ、1,2位を独占しました。
女子優勝は3年3組B、2位は3年3組A、3位は3年1組でした。

来年、中学1年、2年生もこの熱い大会をぜひ盛り上げて下さい。
DSCF2944.jpg

DSCF2932.jpg

DSCF2959.jpg

DSCF2989.jpg

DSCF2980.jpg

DSCF2940.jpg


IMG_2153.jpg

IMG_0998.jpg

IMG_0942.jpg

IMG_1034.jpg

IMG_0955.jpg









科学部生物班 第34回山﨑賞受賞、静岡新聞掲載

 2月18日(日)の午後、静岡県職員会館(もくせい会館)にて、第34回山﨑賞授賞式が行われ、科学部生物班のDNA抽出実験に関する研究が表彰されました。
 山﨑賞は、公益財団法人山﨑自然科学教育振興会より理科研究に熱心に取り組んだ県内の中高生に贈られる賞です。生物班のDNA研究チームのメンバーの井上果玲さん、遠藤晴さん、小島海さん、小島永慈さん、鈴木かのんさん、立松みどりさん(以上中学2年生)と渡邉咲来さん、杉山琳太郎さん、別府天馬さん(以上中学1年生)の9名が「DNA抽出実験~5つの食材の不思議に迫る~」というテーマで研究した内容を論文にまとめ、受賞することができました。

授賞式

写真は表彰式に出席した代表の渡邉咲来さんです。賞状と賞金をいただきました。ありがとうございました。
渡邉さんは以下のような感想を持ちました。
「授賞式では、他校の研究発表を聞くことができ、静岡県内にこのような発想の仕方ができる人がいるなんてすごいと思い、とても刺激を受けました。他の人の研究を聞くのは勉強になります。DNAの研究をするのは面白かったけれど、初めての論文作成はとても難しかったです。今後は研究の中で生まれた新たな疑問をさらに明らかにしていきたいです」

以上の内容は、2月21日(水)の静岡新聞に掲載されました。紙面はこちらです。
新聞記事

3/25:次世代ボランティアフォーラムの案内

社協ポスター
20180325_ボランティアフォーラム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。