FC2ブログ

暁秀中学 第19回音楽発表会報告

第19回暁秀中学音楽発表会が12月21日(木)に体育館にて行われました。
第1部から3部まで、各学年合唱、全体合唱、有志演奏、賛助出演者による演奏でした。寒い中、保護者の方も多く見に来ていただきありがとうございました。毎年、早くから計画準備をしていただいている音楽科の池谷先生をはじめ、多くの生徒が準備に関わって作り上げた音楽会を無事、終えることができました。演奏風景を紹介します(すべて紹介できずすみません)。

全体合唱「夢の世界を」
DSCF2645.jpg

DSCF2644.jpg


中学1年生合唱「朝の風に」「飛び出そう未来へ」
DSCF2605.jpg

DSCF2603.jpg

DSCF2609.jpg

DSCF2610.jpg

中学2年合唱「夏の日の贈り物」「Forever」
DSCF2649.jpg

DSCF2648.jpg

DSCF2655.jpg

DSCF2657.jpg
中学3年合唱「さくら草」「旅たちの日に」
DSCF2683.jpg

DSCF2688.jpg

DSCF2695.jpg

DSCF2696.jpg

中学生有志による演奏(1~3年抜粋)
DSCF2625.jpg

DSCF2631.jpg

DSCF2666.jpg

DSCF2634.jpg

DSCF2628.jpg

DSCF2615.jpg


賛助出演者 和田愛美先生 守田智紀子先生による打楽器演奏
「戦場のメリークリスマス」など演奏していただきました。コンビネーションによるマリンバの響きの深さに感動しました。忙しい中、演奏していただきありがとうございました。
DSCF2720.jpg

DSCF2718.jpg

DSCF2726.jpg

DSCF2724.jpg

DSCF2725.jpg



教員による写生大会で制作した作品展示も行いました。
DSCF2660.jpg
















スポンサーサイト



「広報ぬまづ」英訳ボランティア

本校では、バイリンガルコースの高1・2の有志たちが、沼津市の「広報ぬまづ」の英語版を作成するお手伝いをしています。
広報はページ数も多く、さまざまな情報が掲載されているのため、必要最低限の情報に絞り、一人ずつ分担を決めて取り組んでいます。

最新の12月15日号です。
Numazu1.jpg
Numazu2.jpg
Numazu3.jpg
Numazu4.jpg
Numazu5.jpg
Numazu6.jpg

必要な情報が的確に伝わることを一番に、英語科の先生にチェックしてもらいながら進めています。
過去の掲載はこちら↓からご覧になることができます。
Newsletter (KOHO NUMAZU)

科学部生物班 遺伝研での実験と学会でのポスター発表

1.国立遺伝学研究所での実験
12月21日(木)科学部生物班は国立遺伝学研究所(三島市)の副所長である荒木弘之博士の研究室で遺伝学の実験を行いました。参加者は中学1年生3名、中学2年生2名の合計5名でした。

科学部生物班では昨年度より、さまざまな食材からDNAを抽出し、酵素処理とアガロースゲル電気泳動を用いて、抽出できたものが本当にDNAであるかどうかを確認しています。今回は、チーズからDNAが抽出できるかどうか、チーズの種類の違いによって得られるものが違うかどうか、というテーマで実験してきました。

1_2017122515000111b.jpg

2_201712251500037c4.jpg

参加者の一人である立松みどりさんは次のような感想を持ちました。
「学校にはないような機器がたくさんあり、実験するスペースは狭かったのですが、タンパク質、大腸菌など実験内容が様々でとても面白く、魅力的でした。」
生物班では引き続き「DNAに関する不思議」を明らかにしていきたいと思います。

2.「サイエンスキャッスル2017関東大会」でのポスター発表

 12月23日(土)科学部生物班2年生の加藤伶音くんは、「中高生のための学会サイエンスキャッスル2017関東大会」で研究内容を英語でポスター発表しました。サイエンスキャッスルは、全国から研究が大好きな中高生が集まる学会です。
発表演題名:
不思議生物ウミホタル~発光の謎に挑む~
A wonder creature Vargula hilgendorfii ~Investigating the cause of luminescence~
発表中の様子は次の写真をご覧ください。生物班からは加藤君以外にも3名が学会に参加しました。

3-1.jpeg

4-1.jpeg

 昨年に続いて2度目の発表となった加藤伶音くんの感想は以下のようです。
「たくさんの人に発表を聞いてもらうことができ、ウミホタルの魅力を伝えられたと思います。英語で発表をしたかったのですが、今回は日本語を希望する人が多かったため、日本語で行いました。僕も、いろいろな学校の発表が聞くことができて、とても刺激を受けました。」
この経験を生かして、引き続き研究、がんばってください。

                        (科学部生物班・顧問 小坂)

中1 朗読大会

12月18日、中学1年生が朗読大会を行いました。

4クラスをシャッフルしてチームを作り、道徳の教科書の文章を工夫して朗読します。
文章についてみんなで分析し、どのように読んだら聞き手により良く伝わるか、話し合いをしました。

IMG_1862.jpg

IMG_1870.jpg

本番は、それぞれのチームの工夫が伝わってくるいい朗読となりました。

中学 カルタ会

12月19日、本校体育館にて、中学カルタ会が行われました。
1年生から3年生まで各クラスを4つのチームに分け、くじ引きでリーグを決め、各リーグで予選を行い、
リーグでの順位ごとに決勝グループを作り、決勝戦が行われました。

百人一首の歌を覚えるのはもちろんのこと、メンバーの配置や声かけなど、それぞれのチームがチームワークを発揮して
今年も白熱した戦いが繰り広げられました。

カルタ会実行委員長の名合彩子さんの開会宣言で始まりました。
IMG_1907.jpg

学年の枠を超えて親睦を深めることができました。
IMG_1916.jpg

IMG_1914.jpg

<お米講座12/16㈯>

中学2年生対象でお米講座が開かれました。沼津市内でお米の販売をされている「5つ星お米マイスター(全国で400人)」の長谷川明生さんをお招きし、おいしいお米の炊き方を教えていただきました。長谷川さんは、「5つ星お米マイスター」として、全国でおいしいお米をコンテストや講演等で伝える活動をされています。

今回の試食は岐阜県の「いのちの壱」という品種を炊いて、私(家庭科主任)も生徒といただきました。官能検査という米のおいしさ判断表にどんな風に美味しいのか、具体的に書き込みながら味を評価しました。炊き立てのご飯は、やさしい香りに包まれ、つややかで、弾力性もありました。粒食の良さは、よく噛んで唾液を絡ませて甘みを引き出すことです。粉食(パン等)とは違う日本の主食の米の素晴らしさに改めて感動しました。

説明する長谷川さん

実食!!

官能審査


★美味しいお米の炊き方:研ぎ方
① 釜の中で米をたっぷりの水で2回すすぐ(米1粒も流さないように!)
② 次にまたたっぷりの水を入れ、ソフトボールをつかむような手でシャカシャカという音を立てながら約30回米を研ぐ
③ 2、3回すすぐ。

★水の量り方
新米の場合:1.2倍
古米の場合:1.34倍

★0℃~1℃の間で120分浸漬し、炊飯

皆さんも今日からおいしく炊いてみましょう!
つやつやのお米!

暁秀中学 第19回音楽発表会の案内(写生大会展示)

第19回 音楽発表会が12月21日(木)において、中学写生大会(田子の浦みなと公園)作品が展示されます。生徒一人一人の富士山が描かれています。静岡ならではの風景画となりました。
多くの部活の生徒が手伝ってくれ、音楽会の準備が無事終了しました。明日の音楽会がよりよいものになるよう願っています。
保護者の皆様、お席を準備していますので、ご都合よろしければご覧ください。

DSCF2584.jpg


DSCF2589.jpg


DSCF2586.jpg

DSCF2585_2017122019042124f.jpg


DSCF2592_20171220190423eb0.jpg





暁秀中学 第19回音楽発表会の案内

第19回暁秀中学校 音楽発表会が12月21日(木)午前8時50分~11時40分まで暁秀中学体育館にて行われます。
各学年合唱をはじめ、筝曲、ピアノ、バイオリン、マリンバ、サックス、エレクトーンなどの個人演奏など発表も行われます。
第3部では、賛助出演者 和田先生、森田先生による打楽器演奏が行われます。
保護者の皆様、ご都合よろしければぜひ見て下さい。

中学3年生による合唱練習風景です。この合唱練習は録音され、卒業式で入退場で使用されます。とても心に響く歌声でした。本番も頑張ってください。
DSCF2547.jpg

DSCF2539.jpg

DSCF2546.jpg


DSCF2549.jpg

科学部生物班 鈴木梅太郎賞受賞、静岡新聞掲載

12月2日(土)の午後、静岡県職員会館(もくせい会館)にて第64回鈴木梅太郎賞授賞式が行われ、科学部生物班の部員4名が出席しました。
鈴木梅太郎賞は、一般社団法人鈴木梅太郎博士顕彰会より理科研究に熱心に取り組んだ県内の中高生に贈られる賞です。生物班のウミホタル研究チームのメンバーの加藤琴巳さん、堤香琳さん、宮﨑葵衣さん(高校1年生)、加藤伶音くん、藤吉美宇さん、關いおんさん(中学2年生)が「不思議生物ウミホタル~発光の謎に挑む~」というテーマで研究した内容を論文にまとめ、受賞することができました。
次の写真は授賞式の様子です。
IMG_5091.jpg

DSC02986.jpg

大きなメダルや賞状、賞金をいただきました。ありがとうございました。
授賞式では、研究内容を15分間プレゼンテーションしました。何度も事前練習したことで、多くの聴衆の前でもわかりやすく発表することができました。

DSC02975.jpg

本研究を行った6名の写真です。よくがんばりました。おめでとうございます。
4_20171215134724884.jpg

以下は受賞者であり、部長と副部長である2名の感想です。
(部長 堤香琳)
授賞式では、他校の研究も聞くことができ、とても面白かったです。自らの研究では、実験動物(ウミホタル)の扱い方について、友人らと考え方の違いが起こることもありましたが、生命の大切さについて改めて考えるよい機会となりました。
(副部長 加藤琴巳)
 授賞式で行ったプレゼンテーションは、私にとって初めての経験でとても緊張しましたが、中学1年生の時から研究しているウミホタルを多くの人に知ってもらえたことがうれしいです。これからも愛情を注いでウミホタルを育てていきます。
以上の内容は、12月3日(日)の静岡新聞に掲載していただきました。紙面はこちらです。

IMG_1833.jpg






三島市長 表敬訪問

本校卒業生、松永祥兵さんが、来年日本インドネシア国交樹立60周年の親善大使に任命された
ことにより、12月14日(木)三島市長に表敬訪問してきました。

今後、三島市とインドネシアの懸け橋になる一歩を踏み出せたと思います。

三島
松永祥兵選手と豊岡武士三島市長


松永選手は本校サッカー部で活躍し、現在はプロ選手として活躍しています。
三島長伏少年団→暁秀中学校・高等学校→国士舘大学→シャルケ(ドイツ)→愛媛FC→
インドネシアリーグへ。  現在、ペルシブ・バドウンというチームで主力選手として
活躍、チームメイトには世界的スーパースターのマイケル・エッシェンがいます。

暁秀高校 美術科書道科 静岡県私学生徒作品展報告

第60回記念 静岡県私学生徒作品展 書道の部に出品した暁秀高校書道作品です。静岡市民ギャラリーで12月5日~8日まで展示されました。会期に土日がなく、暁秀には遠方の中、見に来て頂いた保護者の皆様、本当にありがとうございました。私学の芸術教育の魅力を発信できる場になれればと思います。
DSCF2501.jpg

DSCF2504.jpg

DSCF2503.jpg

芸術科書道・美術教員作品も展示されました。
DSCF2527.jpg

DSCF2530.jpg




高校サッカー部 中国U17・16代表との練習試合

12月7日(木) 時之栖裾野B2グランドにて、中国U17・16代表と練習試合を行いました。
35分×3本行い、0-0、0-0、0-3でした。
貴重な国際試合の経験を積むことができました。

中国②

中国①
白ユニフォームが中国代表、赤ユニフォームが暁秀。

平成29年度こども環境作文コンクール

平成29年度こども環境作文コンクールにおいて、中学1年生の一色悠歌さんが、静岡新聞社・静岡放送賞を受賞しました。
12月6日付の静岡新聞に、作文が掲載されました。

IMG_1773.jpg

2017 JFLナショナルトレセン女子U-14(東日本) に選出

中学1年生のベアード サマーさんが、
サッカー 「2017 JFLナショナルトレセン女子U-14(東日本)」 に
選出されました。


がんばってきてください!!!

暁秀高校 美術科書道科 静岡県私学生徒作品展案内

第60回記念 静岡県私学生徒作品展 書道の部・美術の部が平成29年12月5日(火)~8日(金)まで静岡市民ギャラリーにて
行われています。静岡市役所1階で静岡伊勢丹近くです。
静岡県内の私学18校が参加し、暁秀中学2年~高校2年の書道・美術授業選抜作品が展示されています。
午前10時から午後5時まで。8日のみ午後3時終了です。会期は土日がありませんが、ご都合がつく方は、ぜひ見て下さい。


DSCF2493.jpg

DSCF2489.jpg

DSCF2492.jpg

DSCF2481.jpg

DSCF2496.jpg


今回は60周年イベントとして、バトミントン筒缶による立体を制作し、当日参加の生徒とともにアートパフォーマンスで「心」の文字を作り、筒缶の蓋には各生徒による夢を書き、取り付けました。光が反射して心という文字がきれいに映し出されていました。