FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中体連壮行会

6月29日(木)中体連壮行会を体育館にて行いました。中学運動部10団体がユニホームを着て、決意などを語りました。
ぜひ、会場まで試合応援にお出かけください。
DSCF2156.jpg

DSCF2158.jpg


DSCF2165.jpg

DSCF2169.jpg

DSCF2174.jpg

DSCF2177.jpg

DSCF2181.jpg

DSCF2184.jpg

DSCF2188.jpg

DSCF2191.jpg

DSCF2197.jpg

DSCF2195.jpg

DSCF2200.jpg

DSCF2212_20170629182434c18.jpg








スポンサーサイト

高校1年 家庭基礎シニア体験実習

6月16日~17日家庭基礎シニア体験実習
「高齢社会を生きる」という単元での机上の学習後、高校1年のA組~α組の5クラスが沼津市社会
福祉協議会からレンタルした高齢者体験セットを使い、実際の不自由な状態(耳せんやゴーグルの
装着、筋力が落ちた状態を作るためにおもりをつけたベストを装着、膝に疾患がある状態にするた
めに関節にサポーターを装着、手指が動きにくいような状態にするために手袋を装着)の4コースを
各班4人に分かれ、更にコース別にペアを組み、介護者と高齢者のペアになり家庭科室とすぐ近く
の階段を利用して体験した。

ホワイトボード


室内では、耳栓をしてラジオを聴く、後ろから呼んでみる、手や足の関節を固定したまま服の着脱、
荷物の上げ下ろし、和式や洋式トイレに見立てた場所で腰をかがめたりして実際に座る行為、目に
ゴーグルを装着し見えにくい状態にして糸に針を通す、新聞を読んでみる、電卓を使用するなどを
体験した。廊下に出て階段の昇降では杖を使用している側の歩行方法、また介助の立ち位置など
を体験した。
 
教員の説明に聞き入る生徒たち


活動の際教師はペアの間で役割に徹するよう会話などに配慮をするように指示。恥ずかしさを
感じる生徒もいたが、高齢者になった生徒には歩幅、しゃべり方、立ち方などを工夫してなりき
って体験をし、どのような気づきが介助者は必要か、設備として手すりはどんなところに設置す
る必要があるのか考えることが出来た。
 
A組の様子
A組の様子

B組の様子
B組の様子

C組の様子
C組の様子

D組の様子
D組の様子

α組の様子
α組の様子
 
体験終了後、班では4つのコースがどうであったのか、1人1人が報告し、まとめを各班が発表した。
生徒たちの暮らしは、ほとんど核家族の生活環境が多い中、公共の現場で見かける高齢者がどん
なことで苦労をしているのか、また一緒に暮らしている杖をついている祖母が何でこんなにゆっくり
歩行するのか、今後は身近に意識することであろう。

高校 薬学講座

高校 薬学講座
6月22日(木) 15:40~本校体育館にて高校生対象の薬学講座が行われました。
今回の講師は沼津市薬剤師会 理事 渡辺 信昭 様にお願いしました。
アルコール、喫煙、ドラック、薬の副作用などを中心にお話ししていただきました。

2_201706221710072a3.jpg

5_20170622171008b28.jpg

「スペシャルオリンピックス」ボランティア

6月11日、「スペシャルオリンピックス」のボウリング種目の大会ボランティアとして、中2~高2の有志20名が参加しました。参加賞の袋詰めなど大会運営のお手伝いをしたり、一投ごとにアスリートとハイタッチをしたりとアスリートたちが日ごろの練習の成果を発揮できるよう、サポートしました。アスリートたちは次々とストライクを決めていき、会場中には歓声が響き渡りました。

IMG_1580.jpg

《スペシャルオリンピックスとは…》
知的障害のある人たちに継続的なスポーツトレーニングとその発表の場である競技会の提供を使命とし、活動を通して彼らの自立と社会参加を促進し、生活の質を豊かにすることを目的とする活動です。オリンピック、パラリンピック同様、4年に一度夏季、冬季の世界大会が開催されます。日本でも世界大会への予選会を兼ねて全国大会を行っています。
(スペシャルオリンピックスHPより引用)

2017 暁秀中学校・高等学校オープンスクール

2017 暁秀中学校・高等学校 
オープンスクール

6月30日(金)9:30~12:30
7月 1日(土)9:30~11:30


■来校者は第1駐車場をご利用ください。
□受付は本校事務室前になります。
□時間内の出入りは自由です。
□校内を自由に見学することができます。
進学相談・質問コーナーもあります。

中学 薬学講座

中学 薬学講座 
6月19日(月)7限 本校体育館にて行われました。
講師は、薬剤師の林 素真子 様にお願いしました。
生徒は、喫煙・飲酒・ドラッグについて学びを深めました。

薬学講座①

薬学講座②

薬学講座③

裾野・長泉地区会(6/17)

6月17日、裾野・長泉地区会が本校で開かれました。
地区の規約などを確認したのち、新一年生の保護者を中心に自己紹介をしていただきました。その中でも、通学方法についての話題が多く、保護者の皆様の日々のご苦慮を感じました。

裾野・長泉地区は本校がある沼津市の近隣市町ではありますが、生徒の通学方法の実態としては、送迎、自転車通学、自転車で最寄り駅まで向かい電車・バスを乗り継ぐなど、多様です。車では10分~20分程度の距離でも、公共交通機関を利用すると1時間程度通学に要します。年齢や成長段階に合わせて自宅からの自転車通学を選んでいる生徒も多くいますが、やはり中1の保護者にとっては長時間の通学は心配の種。夕方無事に帰宅するお子さんを見て、ようやくホッとされるようです。
地区会を通してご近所の暁秀生を知っていただき、安心して通学してもらえたらと思います。

また、地区会の後には、保護者、生徒総勢77名で学校周辺のゴミ拾い清掃を行いました。
茂みに捨てられたカンやごみを見つけて精力的にゴミ拾いをしました。さらに、たばこの吸い殻が多く大人のマナーの悪さが気になりました。

参加していただいたみなさん、暑い中でしたがご協力ありがとうございました。

ファイル_000

中1 野生生物保全講座

6/16(金) 中学1年生を対象に「野生生物保全講座」が行われました。
前半は、オーストラリアのクイーンズランド大学のシモンズ先生による、コアラのレトロウイルス(いわゆるエイズ)についてのお話です。シモンズ先生は、コアラのレトロウイルスの治療法や予防法について研究をしているそうです。

IMG_6389_20170617113732e0d.jpg


感染経路の研究結果など専門的な話でしたが、みんな一生懸命メモを取りながら聞いていました。
質問もたくさんでて、(中には英語で質問をする生徒も!)活発な意見交換ができました。


後半は、オーストラリア日本野生生物保護教育財団(AJWCEF)の理事長、水野哲男先生からオーストラリア固有の動物についてのお話です。
クイズを解きながら、動物たちの驚きの生体を学ぶことができました。
水野先生

野生生物と共存していくために、私たちが「いま」しなければならないことについて、みんなで考えることができました。

高校キャリア教育

外務省「高校講座」
6月15日(木) 15:30~16:30 (場所:体育館)
対象:高校1年生・2年生
講師:外務省 中東アフリカ局中東第二課湾岸班(サウジ・UAE担当) 安藤 強士 様

外務省から安東強士さんをお迎えして、キャリア教育講座を実施しました。
中東の国々で大使館勤務をなさった時の興味深いお話を拝聴いたしました。
最後はみんなで
شكرا جزيلا アラビア語で「シュクラン・ジャジーラン」
(ありがとうございます!)を大きな声で言ってみました。

外務省講座①

外務省講座②


第15回 吹奏楽部 定期演奏会

6月10日土曜日、長泉町文化センターベルフォーレにて、本校吹奏楽部による第15回定期演奏会が行われました。
多くの生徒や保護者の方、先生方にご来場いただき、盛況のうちに幕を閉じました。
第1部のクラシックステージでは、コンクールで演奏する曲を含め4曲を演奏しました。
難しい曲もありましたが、日々の練習の成果を発揮することができました。
第2部のポップステージでは演奏に合わせたダンスや歌でも会場を盛り上げました。
ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

2017_06_10 GWO定期演奏会0160

2017_06_10 GWO定期演奏会0443

2017_06_10 GWO定期演奏会0523

2017_06_10 GWO定期演奏会0563

2017_06_10 GWO定期演奏会0563

2017_06_10 GWO定期演奏会0581

DSC_6928.jpg

2017_06_10 GWO定期演奏会0667











中学 日本語ディベート講座(6/11)

7月の日本語ディベート大会出場に向け、全国ディベート連盟 東海支部の長谷部先生をお迎えして、ディベート講座を開きました。

 相手の言葉を聞くこと、メモをとること、様々な人の立場に立つこと、根拠を示して主張することなど、ディベートの基本を学んだあと、今回の議題である「日本は小売店の深夜営業を禁止すべきである。是か非か。」について、メリットとデメリットを挙げていくリンクマップを作成しました。
 その後、実際に立論、質疑、反駁の立場で考えながら、論題への理解を深めました。
また実践では、先生から的確なアドバイスを頂き、自分たちの弱点や改善点を見つけることができました。
 ディベートを通して、自分の生活にどう影響するのか、世の中がどう変わるのか、という視点が生まれ、自分たちのライフスタイルを見つめ直すきっかけにもなりました。

 今後、立論の準備を進め、7月の東海地区予選で学びを発揮してきたいと思います。
IMG_4903.jpg

中学 千本浜清掃

6月3日(土) 中学校全校生徒による、千本浜清掃ボランティア活動が行われました。

1年生から3年生までの縦割りグループで、それぞれの分担場所のゴミ拾いです。
IMG_7866.jpg

IMG_6257.jpg


ゴミ拾い終了後は、グループごとの反省会です。
IMG_6274.jpg

多くの方々の協力により、年々ゴミの量は少なくなってきている印象があります。
美しい千本浜をみんなで守っていきたいですね。





高1 キャリア教育講座

6月3日(土)高1キャリア教育講座

中外製薬株式会社 
製薬本部 生産工学研究部長(薬学博士) 古賀 明子 様

高1女子対象に「理系女子は楽しい」をテーマに製薬会社に入るまでの過程や
結婚や子育てなど女性としての働き方まで話していただきました。
質問の時間では、生徒から予定時間をオーバーするくらい質問が出て、
活気ある講座になりました。

キャリア教育講座①

キャリア教育講座②


株式会社ドーム(UNDER ARMOUR) 
営業本部 スポーツマーケティング部 大須賀 健太 様
営業本部 WEBマーケティングチーム  有国 佑 様


本校卒業生の2名に高1男子対象の講演を行ってもらいました。
高校から大学、就職までの話や社会人になって思うことや、今やっておいた方がいいことなど
多岐にわたり話をしてくれました。終盤では、実際営業で行う商品説明のプレゼンを披露し、
それを生徒がやってみるということをやりました。生徒は人前で伝える難しさや説明の難しさ
などを感じたようです。

キャリア教育講座③

キャリア教育講座④





科学部生物班の活動が新聞に掲載されました

2017年5月28日(日) 科学部生物班 静岡新聞日曜版「YOMOっと静岡」掲載

科学部生物班の昨年度の研究内容が5月28日(日)に、静岡新聞日曜版「YOMOっと静岡」6、7面「こどもかがく新聞」に掲載されました。
科学部生物班には、現在中学、高校合わせて30名の部員がおり、生物の飼育活動や探究活動など一人一人が希望する活動に取り組んでいます。昨年度は、中学1年生と3年生の10名が中心となり、さまざまな食材からDNAを抽出する研究を行いました。科学部生物班では、今年度もこの研究を進めるとともに、他のテーマも研究にも取り組みます。今後の成果にご期待ください。
<<昨年度実績>>
受賞3件 第33回山﨑賞
筑波大学「科学の芽」努力賞 中学生部門
     沼津千本ライオンズクラブ・ライオネスクラブ 千本賞
学会ポスター発表1件  サイエンスキャッスル2016関東大会

リンクをクリックすると静岡新聞のページが見られます。
http://www.at-s.com/news/article/oyako/kodomokagaku/363874.html

「安心安全なネット利用」 講座

5月31日(水)「安心安全なネット利用」
をテーマにLINE株式会社から講師をお招きし、講演を行って頂きました。
今回は高校1・2年生の生徒と高校1年生保護者対象でした。


LINE①

LINE②

講師の宇佐美さんから「コミュニケーション」とは、気持ちや心が
関係し、人それぞれ受け取り方が違うということを強調されていました。
生徒も今回の講演を通して「コミュニケーション」を考える機会になりました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。