FC2ブログ

1/12(土) 中学入学試験 について

1月12日(土) 中学入学試験を実施します。

<当日のスケジュール>
各コース共通
 9:00~9:25 受付
 9:40~10:40 国語
 11:00~12:00 算数
以下バイリンガルコースのみ
 13:00~14:00 英語
 14:10~15:30 面接

<スクールバス>
 往き 沼津駅南口6番 8:20発

 復り 暁秀中学正門前 12:25発
     路線バス 12:51、13:26、14:26、15:26

持ち物については、受験票を確認してください。

中学・高校サッカー部 初蹴り

1月2日(水)に、暁秀中・高サッカー部の初蹴りが行われました。
時の栖スポーツセンター兎島グラウンドにて、
現役の中学生・高校生だけでなくたくさんのOBも参加していただきました。

初蹴り⑥

参加していただいたOBの中に、インドネシアリーグでプロとして活躍中の松永祥兵選手の姿も!
松永祥兵選手について詳しくはこちら↓
http://gyoshu.blog.fc2.com/blog-entry-243.html
http://gyoshu.blog.fc2.com/blog-entry-205.html

寒い中でしたが、とても熱いプレーが随所に見られました。
まるで、現役選手たちに「頑張れ」と伝えているかのようでした。

初蹴り①
初蹴り②
初蹴り③

最後は、OBからのエールと現役選手からのあいさつで終わりました。

初蹴り⑤

OBの方々は、ドリンクやSNSなどを通じて陰ながら支えてくださっています。
暁秀サッカー部は、こうした多くの方々の支えによって成り立っているということを
選手・スタッフ一同、改めて実感しました。
みなさま、本当にありがとうございます。

2019年も、さらなる高みを目指して頑張っていきます!
今年もどうぞよろしくお願いいたします!

中学サッカー部 日能研カップ

12月25日(火)~27日(木)にかけて、日能研カップに参加しました。
参加チームは関東圏の中高一貫私立学校のサッカー部が大多数ですが、
静岡の中高一貫私立である暁秀中学校も以前から参加させていただいています。

富士山のふもとにある、時の栖スポーツセンター兎島グラウンドで行われました。
天候にも恵まれた上に、人工芝という素晴らしい環境でサッカーができることに感謝です。
日能研カップ①

来年1月からは、1年生県大会・沼津市健全育成杯・高円宮杯県リーグ・中学生選手権大会
と大会が目白押しだからこそ、この冬休みはチーム強化のために大切です。
日能研カップ②
日能研カップ③
日能研カップ④
普段は対戦することのない関東圏のチームを相手に、自分たちのサッカーが通用するかどうかを確認しました。
今できる事を一生懸命やることがレベルアップの道です。寒さに負けず、頑張っていきましょう!

対戦していただいた、成立学園中学校・栄光学園中学校・東邦大学付属東邦中学校サッカー部のみなさん、ありがとうございました。
そして、大会運営や審判員の方々、寒い中応援に来てくださった保護者の皆さま、ありがとうございました。

2018年もそろそろ終わりを迎えようとしています。
周囲の人々の支えあってのサッカー部ということを忘れず、感謝の気持ちを持って精一杯プレーしていきましょう!

中学サッカー部 1年生東部大会②

12月23日(日)に、1年生大会東部地区大会の準決勝・決勝が行われました。
先週の16日(日)の1・2回戦に勝利したため、県大会出場は決定済み。
(1・2回戦のレポートはこちら→http://gyoshu.blog.fc2.com/blog-entry-377.html)
この日は順位決定、そして東部地区優勝を目指しての戦いです。
今沢中学校のユニフォームで統一しているので、緑色です。

準決勝は御殿場中学校との対戦でした。
1年生大会VS御殿場①

前半から少し押され気味の展開でした。
ところどころでチャンスを作るものの、決めきれません。
決定的なチャンスを逃した後のピンチで失点すると、
後半10分の時点で 0-3 とリードを広げられてしまいました。
1年生大会VS御殿場②
1年生大会VS御殿場③

しかし後半の終了間際、2本立て続けにゴールを決め「あと1点」まで迫りますが、無念のタイムアップ。
2-3で負けてしまいました。
1年生大会VS御殿場④

東部優勝とはなりませんでしたが、ベスト4まで進めたのはチーム・選手として大きな成果です。
自分の何が通用して、何が通用しなかったのかを振り返り、日々のトレーニングに活かしていってください!
1年生大会東部表彰

1年生県大会は1月12日(土)から始まります!
今後も応援よろしくお願いします!!

防災講座を開催しました

12/14(金) 午前中の3時間を使い、中1~高2が参加して生徒会主催の「防災講座」が行われました。
講座は
第1部:防災啓発映画「いつか君の花明かりには」の上映
     映画監督 小川光一さんによる講演
第2部:地区会に分かれてのワークショップ
という形式で行われました。

第1部では、東日本大震災・熊本地震・広島豪雨災害などに被災された方々が登場するドキュメンタリー映画「いつか君の花明かりには」を鑑賞しました。震災後の取り組みや徳島の中学生による防災活動などを知ることで、私たちの防災に対する認識の不足を実感した生徒が多かったようです。
映画

監督の講演では「地震発生率が異常に高い日本に住んでいても、私たちはどこか他人事のように感じてしまう。」「花明かりが届くのは半径50cm。でもそこから大切な人を守るためにできることをしてほしい。」という大きなメッセージをいただきました。
講演

監督


第2部では、地区ごとに分かれて「1月の木曜日、午後四時に震度7の地震発生」という想定で、72時間シミュレーションを行いました。
各地区会のリーダーがファシリテーターを務め、「帰宅するのか学校にとどまるのか」「帰宅する場合、どのようなルートが考えられるか」「学校にとどまった場合、生徒がすべきことは?」「家族との連絡や集合場所は?」など具体的な話し合いをしました。
ワークショップ1

ワークショップ2

多くの生徒たちにとって、「他人事」から自分事」へと防災に対する意識は大きく変化した講座になったのではないでしょうか。

また、急遽放課後に第3部が設定され、美術部映像班と生徒会防災研究会のメンバーが集まり、小川監督と個別にお話を聞く機会を持ちました。
第3部


<生徒会長の柏木結大君からのメッセージ>
皆さんこんにちは。生徒会長の2A柏木結大です。本年度生徒会本部は防災に力を入れるというのを生徒会が行ういくつかの改革の内1つの柱として掲げています。南海トラフ巨大地震が来る来ると言われ続けている静岡県に学校があるのに、何もせず呑気にしていて良いのでしょうか?答えは明確であります。命を守るために対策が必要なのです。そんな中、今回は防災啓発ドキュメンタリー映画 「いつか君の花明かりには」 という映画を鑑賞し、その映画の監督さんにご講演をしていただき、その後実際に地震が発生したという想定でその後について考える、ワークショップを行いました。

今回の防災講座の目的は、゛意識改革 ゛というところにあります。「防災」と言っても、結局は各々の意識が高まらないと変わらないのです。その意識を少しでも高めていくために、講演だけでなく、ワークショップも行ったわけです。

映画の内容については、実際に被災された方々の活動などについてのドキュメンタリーになっていました。私はこの映画から学んだことは防災がなぜ必要かということです。もちろん、命を守るためのですが、その命とは何も自分だけではなく、大切な人の命もということです。人間は1人だけで生きていくことはできません。今までも様々な方に支えられてきたのだと思います。そんな大切な方々と、もし一緒にいる時に地震が起き、その人が目の前で挟まって苦しんでいるとします。その時日頃から訓練している人だったら、助け出せることはできるかもしれません。しかし、そうでない人はどうでしょう?助け出すことは出来ないのではないですか?その時人は思うのです。もっと前から備えて訓練しておけばよかったと。そういう先人たちの思いが今の防災意識につながっているのではないでしょうか。映画に出てこられた方々は、やはり同じことを仰っていました。ああしておけば良かった...こうしておけば...。だから前々から備えておくことは大切なのだと思います。

今回の防災講座は自分にとっても学校全体にとっても゛意識 ゛を高めるために良い機会になったと思います。また、先日発足した防災研究会の活動の参考にもなりました。今後活かしていきます。

最後になりましたが、今回の防災講座開講にあたって監督さんはじめ、様々なご協力をしてくださった方々に感謝申し上げます。ありがとうございました。
生徒会長